病気関連

あなたのブルーライト対策は?遮断してわかる快適さ!

2019年7月22日

スポンサーリンク

ブルーライトカットのメガネが必要な理由

最近、夕方になると目がショボショボしたり、頭痛がすることがあります。昔のようにパソコンの画面を見続けることは出来ないのでしょうか?

 

こんにちは、bonoです。

 

ここでは以下を学びます。

・ブルーライトは強いエネルギーをもっている!

・至近距離でブルーライトを浴びると悪影響が!

・スマホ対策にはブルーライトカットメガネ!

 

「仕事は1日中パソコンとにらめっこです!」

「通勤時間や移動時間はスマホがかかせません!」

 

という訳で、

ブルーライトカットのメガネの使用をおススメします!

 

一度、ブルーライトカットのメガネを使用してPC業務をすると、かかせない存在になるでしょう!

 

原因不明の疲れ、夕方になると頭痛がするなど、もしかしたらブルーライトが原因かもしれません。

 

個人の感想ですが、

ブルーライトカットのメガネをつけてPC業務をすると、目がまったく疲れません!

 

目の負担が少ないせいか、目が軽くなる感じさえします。

 

 

私が使用していブルーライトカットのメガネを紹介します!

 

ブルーライトカットメガネ2

 

ポイント

・ブルーライト50%カット

・クリアレンズ ※1

・度なしパッケージタイプ ( ¥5,000円 ) ※2

・超軽量

・3Dフィットテンプル採用

・紫外線99.9%カット

※1 従来はカット率50%になると完全に色付きレンズでした。

※2 好きなフレームと組み合わせるフレームセレクトタイプあり (フレーム料金 + ¥3,000円)

 

以前使用していたメガネは、ブルーライトカット率が30%くらいだったのでカット率が上がりました!

 

 

ブルーライトカットメガネ3

 

驚きの軽さフィット感で全く邪魔になりません!

 

少し黄味がかってるけど、かけると全く分からないわ!

 

 

 

 

ブルーライトの影響について考える

 

ブルーライトって聞いたことあるけど何なの?

 

参考

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のことです。

人の目で見ることのできる光=可視光線の中で、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。

 

ブルーライトは目に悪いと言われてるわね!

 

スマホの普及と共に話題になりました!

 

 

人体に与える影響は、まだはっきりと分かっていません!

 

 

ブルーライトの主な光源は?

・スマホ

・ゲーム

・PC

・液晶テレビ

・蛍光灯

・太陽光

 

 

え、太陽光にもブルーライトがあるの?

 

だったら、人類の生誕とともに浴び続けているし、それほど過敏に対策を取る必要はないのでは?と思いがちです。

 

ブルーライト

 

 

それでも対策をした方が良い理由があります!

 

 

 

解説します!

 

解説 ①

光源から近いとたくさん浴びる

太陽光や蛍光灯からは距離があるけど、液晶テレビ > PC > ゲーム > スマホ と目からの距離は近づきます。

いつでもどこでも、目から50cm以内という特徴では、断然、スマホになりますね。下手したら30cmくらい。それって、完全に目に向かってブルーライトを照射してるのと同じです。

至近距離で、しかも長時間浴び続けることは、目を通じて脳が覚醒状態となるので避けた方が無難です。効果のほどは定かではありませんが、スマホの「ブルーライト軽減フィルター」ONにしましょう。

 

 

解説 ②

眼精疲労

網膜まで直接届く光源となれば、目はストレスを感じ続けます。

人体への影響が定かではないと言えど、ブルーライトの影響は、直視することは目に悪いとされる紫外線に近く、エネルギーの強い波長となります。

人類の歴史を考えれば、至近距離でのブルーライト照射は想定外なはずです。仕事ではパソコン、家に帰ったらテレビ、移動時間や就寝前にスマホ、これでは目は常に緊張状態です。

目の酷使は、片頭痛や肩こりなど体の異変を引き起こします。完全に現代病なので、個人で意識的にスマホを使用しない時間を設けるべきです。または、ブルーライトカットのメガネをかけることで目の負担を軽くしましょう!

 

 

解説 ③

視力低下

ブルーライトを毎日見続けると、「加齢黄斑変性 ( かれいおうはんへんせい )」という目の病気にかかりやすくなると言われています。

この病気になると、視力低下やさまざまな症状が現れ、最悪、失明する恐れがあります。日本でもじわじわと増えており、網膜の中心部にある黄斑 に異常が生じる病気です。

もともとは、加齢とともに少しずつ発症していくのが一般的でしたが、近年、スマホなどの普及で若者でも発症する可能性が高くなると言われています。

日本ではあまり浸透していませんが、屋外に出る時、特に日差しの強い時は、紫外線をカットするサングラスの着用をおススメします。

今回紹介している Zoff PC であれば、ブルーライトがカットできて、紫外線も99.9%カットできるので外出時にもおススメします。

 

 

解説 ④

睡眠障害

就寝前にスマホをやると睡眠の質が落ちるという話は聞いたことがあると思います。

これにはちゃんとした根拠があって、近年、網膜の細胞にはサーカディアンリズムと呼ばれる体内リズムをコントロールする役割があることがわかってきました。

夜、眠くなるのはメラトニンというホルモンの働きで、メラトニンは良質な睡眠に不可欠です。

夜になると徐々にメラトニンの分泌が増えますが、ブルーライトを浴びると、脳がまだ昼間だと勘違いしてメラトニンが分泌されません。そんな状況で就寝すると、メラトニンのピークが後ろ倒しになるので、起床してもまだメラトニンがだらだらと分泌され、寝足りない気になります。

 

 

今のうちから対策を取らないと後から影響が出そうね!

 

 

 

 

「あなたのブルーライト対策は?遮断してわかる快適さ!」まとめ

ゲームをやる子ども

 

「あなたのブルーライト対策は?遮断してわかる快適さ!」まとめ

  • 現代社会ではブルーライトを至近距離で大量に浴びている!
  • ブルーライトカットメガネをかけて1日疲れ知らず!
  • ブルーライトが目や体の異変を引き起こすかも!
  • ブルーライトが睡眠の質を下げているかも!
  • ブルーライト&紫外線カットメガネが最強!

 

特に成長過程にある子どもはブルーライトの影響を受けやすいと言われています!

 

 

またのご来場をお待ちしております!

 

 

 

-病気関連

Copyright© オヤジのバックポーズ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.